NORI-Pのおうち

アクセスカウンタ

zoom RSS 命の宣告と命の選択

<<   作成日時 : 2016/10/11 00:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


今日は10月10日、毎日毎日一日があっという間で…相変わらずご無沙汰しています。

4月に母が救急搬送された際、老衰的に心臓や腎臓が弱っているものの症状は落ち着いているので一週間程で退院できるとの説明を受け、それならば母が入院している間に、新潟に帰ってくるからと、東海道新幹線に乗っている時に、主治医の先生から電話をいただきました。母が全く食べなくなったと…。
食べなくなった時が寿命と考えるなら、あと数日の命。
治療を望むなら、ここから先は延命治療になるので、家族で決めてほしいと…。
鼻から、あるいは肺から、あるいは胃からの栄養補給になるとの事。
ネットで調べ、主治医の先生にも何度も質問し、その上で父に相談しました。
でも、父は即答でした。
生きられるなら、胃ろうにしてやってくれ!
でした。
正直、娘の私は迷いました…葛藤でした…が、父の言葉で覚悟が決まりました。
主治医の先生に、胃ろうをお願いし、5月の連休明けに手術(といっても内視鏡で15分程の簡単なもの)
以来ちょうど5ヶ月になりますが、母は自宅で穏やかに過ごしています。
寝たきりですが、父のことも、私の名前も呼んでくれます。してほしいことも伝えてくれます。
命の宣告を受けて、命の選択を迫られるというのは、本当に辛くて厳しいことでしたが、選択も決断も良かったと、今は心から思ってます。
毎日、母と話をします。毎日、母の体を触ります。すご〜く、あったかいんです。何より母が幸せそう…ですから。

いつの間にか、日付が変わってしまいました。
その後のことについては、また順次書いていきます。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
娘に見守られて、触れられて、お話しできて、
幸せなお母さんと共に過ごす時間を大切にしてあげてください。

あったか〜い娘が体調を崩さないよう気を付けて!
573
2016/10/11 08:09
573さん、ありがとうございます。
また暖かい励ましのお言葉ありがとうございます。
今は、両親との時間を最優先にと考えています。
そのためにも、まずは私が元気でいなくちゃね。美味しいものいっぱい食べて、元気で過ごします!
NORI-P
2016/10/11 23:41
NORI-Pさんお久しぶりです。
私の母も義母も83歳で元気に一人暮らしをしています。とてもありがたいことですよね。 でもいつかは介護も必要になると思います。その時私はどうすればいいのか考えただけでもドッと疲れてしまいます。NORI-Pさんの頑張っている姿に胸が熱くなりました。 亡き前夫の時看病は精一杯やったのに先立たれると後悔ばかりでした。お母さんとの時間を大切にいっぱいいっぱいお話をしてください。
そして573がおっしゃるようにNORI-Pさんが体調を崩さないようにね。
mari
2016/10/23 15:22
mariさん、ありがとうございます。
いろいろな経験をされたmariさんの言葉…心に響きます。ありがとうございます。
まずは、元気で過ごしますね。
mariさんも、お体大事にしてください。
そして、二人のお母様も大切になさってください。
NORI-P
2016/10/24 23:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
命の宣告と命の選択   NORI-Pのおうち/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる